2012年08月05日

リスク

image[3].jpg

今なにかと話題のオスプレイです。
先入観なしに考えると合理的で良く出来たヘリのように思います。
滑走路不要・コンパクト格納・速い・大量輸送・長距離飛行と
いい事ずくめですが、その合理性に操縦技量や制御が追い付かない
のでしょうか・・。見る方もいい事づくめに欠点はないのかという
眼で見てしまうから事故映像が一層クローズアップされてしまいます。
安全確認を可能な範囲で行いつつも、どこかのタイミングで決断する
しかないと思います。この世に絶対安全などありませんから!

私も基地の街の住人ですから戦闘機の低空飛行には慣れています。
米軍司令部がありますから、有事の際は多分某国のミサイルの標的
になっていているだろうとも思いますが覚悟しています。

リスクのない世界はありません。何を取るか!どっちを取るかで決
まります。仕事も同じでリスクの無い仕事はありません。
これを恐れては何もできません。

『国民の生活が第一』の新党もありますが、生活も多岐にわたる安心
安全を考えなければいけないので大変です。
オスプレイ配備が考えたくない非常時の特攻ヘリであったとしても、
震災時の福1原発の自衛隊の捨身の放水作業を見れば、安心生活と
非常時の世界は紙一重で、いったん事が起きれば実力部隊に依存せ
ざるを得ない現実社会に私たちは暮らしていることを忘れないよう
にしないと100年の計を誤る気がします。

                        小東 正洋
posted by セーフティー at 17:15| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。