2014年03月28日

はや3月も・・

都会のコンクリートジャングル暮らしをしていますと季節の
移ろいに鈍感になります。かろうじて女性の装いに春の近き
ことを教えられたりする始末です。

DSC_0054.jpg
出勤の駅への道すがら、こんな私に毎年春到来を告げてくれる
シーズンマークになっているのがこの『こぶし』の花です。
桜のように可憐ではありませんが、このこぶしが開花・散花し
ますと10日程で入れ替わりに『桜』が開花して春本番、入学式
・入社式のシーズン到来、『新年度』を意識させられます。

小さい子供のいる家庭は入園・入学・進級、受験生のおられた
家庭では本人以上に気を揉みながらも、緊張感を与えないよう
腫れ物に触るような時期があったことでしょう。
我家ではこんな時期を皆通過して、今年は比較的平穏な春を迎
えています。

企業は年度末を迎え決算数字に一喜一憂しなければなりません。
今年は消費税の変わり目とも重なって駆込みが多いとか。

時間に節目を設けて良くも悪しくもリセットして再スタートする
時間感覚は先人の知恵。また4月からゼロスタート。頑張ります!

                   小東 正洋
posted by セーフティー at 17:57| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

私立大学環境保全協議会30周年

先日の10日(月)11日(火)は協議会事務局のある早稲田大学
理工学部で30周年の記念総会が開催されました。

DSC_0051.jpg

理工学部といえばSTAP細胞の小保方さんの母校学部です。今
大変なことになっていますが何とかもち応えて頂きたいものと思
います。革新的な発見・発明は特許等の関係も有って開示に一刻
を争う場面もあるのでしょう。根源的な発見に傷が付かない事を
祈るのみです。

総会は慶応義塾の清家塾長、早稲田の鎌田総長と私学の雄両学長
来賓で通常総会とは趣の異なる重みが感じられ、北川正恭教授の
記念講話で環境意識のここ30年の変化を痛感いたしました。
成長から成熟社会へあまり意識していませんが、個人意識の変化
が社会を動かす原動力になっているようです。

P1000330.JPG

講堂ロビーに協賛企業の展示スペースを用意して頂きましたので
コンパクトなデモ機を展示させて頂きました。

                   小東 正洋


posted by セーフティー at 20:26| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

勝ちに不思議の勝ち有り

営業を長くやっていると後から、『そうだったのか!』
と解ることが多々あります。

あるお客様にどうしても営業して、買って頂きたい、使
って頂きたいと思いアプローチしてもなかなか成果を得
られない。

そんな時、まったく違うルートからそのお客様への『筋』
が得られて成約・納品ということになる場合があります。
今までのアプローチはなんだったんだろう?と思わせる様
なあっけない結末なのですが、要はまったく見当はずれ、
的はずれの営業をしていた・・ということなんですね。

しかし、この一見無駄に思えた動きがあればこそ反省が有
る訳で、失敗を重ねながら精度を上げ勘を磨くことができ
ます。

国立大学様への営業では私達の知らないお客様間のネット
ワークに随分助けていただき、後押しもして頂きました。
こんな時は、『不思議の勝ち有り』を実感したものでした。

反面、『負けに不思議の負け無し』と言われます。
成果の上がらない状態には間違いなく原因が有るということ
です。世間や経済情勢の問題にすり替えていると実相は見え
て来ません。謙虚に自身の動き方、考え方、視点を反省する
必要があります。

営業先の定食屋さんの壁に貼ってありました。
  一生懸命やれば『知恵』が出る
  中途半端は『愚痴』が出る
  何もやらなければ『言い訳』が出る
誰の文句か知りませんが真実ですね。肝に銘ずべき言葉!

             小東 正洋
posted by セーフティー at 17:38| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。