2014年03月13日

私立大学環境保全協議会30周年

先日の10日(月)11日(火)は協議会事務局のある早稲田大学
理工学部で30周年の記念総会が開催されました。

DSC_0051.jpg

理工学部といえばSTAP細胞の小保方さんの母校学部です。今
大変なことになっていますが何とかもち応えて頂きたいものと思
います。革新的な発見・発明は特許等の関係も有って開示に一刻
を争う場面もあるのでしょう。根源的な発見に傷が付かない事を
祈るのみです。

総会は慶応義塾の清家塾長、早稲田の鎌田総長と私学の雄両学長
来賓で通常総会とは趣の異なる重みが感じられ、北川正恭教授の
記念講話で環境意識のここ30年の変化を痛感いたしました。
成長から成熟社会へあまり意識していませんが、個人意識の変化
が社会を動かす原動力になっているようです。

P1000330.JPG

講堂ロビーに協賛企業の展示スペースを用意して頂きましたので
コンパクトなデモ機を展示させて頂きました。

                   小東 正洋


posted by セーフティー at 20:26| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。