2011年08月30日

今年も出てます! 生鮮スーパー結露・カビ

今朝は少し秋めいた気配を感じましたが、日中はまだ盛夏のようです。
電力不足の節電でいずこも冷房弱めで外回りの身にはキツイ毎日です。

営業中のクールダウンは本屋さんが常でしたが今年は冷え切りません。
そんな時のとっておきは生鮮スーパーマーケット冷食売り場に限ります。

エアコンは休止状態でも冷食ケースは−20℃ですから、今となっては
温熱特区とも言うべき聖域となってしまいました。

そんな聖域ゆえの特殊環境が結露・カビ問題を発生させてしまいます。
30℃の外気が侵入しますとその温度差は50℃にもなりますから、何も
起こらないほうが不思議かもしれません。

6月(入梅直後)のあるスーパー様の冷ケースエリアのカビ状況です。
P1040362.JPG


ひと夏が経過した10月頃の同じ場所の様子です。
P1050782.JPG


じわじわと広く・濃くなっている様子がよく解ります。
一度発生すると広がることはあっても消えることはありませんから、張替
や防カビ塗装で対処されますが、発生するお店は毎年といって良いほどに
気の毒なくらい発生しているようです。

エコシルフィを天井面に水平に設置すると、その水平気流が空気よどみの
解消とドライヤー効果で天井面の結露発生を完全抑制しますので効果覿面
です。

お困りの生鮮スーパー様に機能をご理解いただいた場合は店舗調査を実施
させて頂いて図のような『カビマップ』を作成の上、ファンの台数・気流
方向を検討して万全の対策を練ります。
相模原中央店.JPG

弊社では実績にも裏付けられた自信から3年の防カビ保証を付加して販売させ
て頂いております。(現時点の防カビ率100%のパーフェクトです)

上のお店も暑い夏を経過いたしましたが、原状回復工事当時のままの、シミ
ひとつ無い状態で推移しております。
IMGP5839.JPG

ここで一句
『結露・カビ 塗っても貼っても また出やる
      付けて安心 保証も付いてるエコシルフィ』
                     お粗末でした。  小東 正洋


posted by セーフティー at 18:29| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。