2014年04月07日

さくら

東京のさくらは先週末が短い盛りのようでした。
外回りのあちこちで立ち止まって見入ってしまいました。

DSC_0071.jpg

昔はこんなにも愛着しただろうかと自問してしまいます。
先の希望や目標を語る時間よりも、過ぎし昔を振り返る
ことが少しずつ増えていることに気付きます。これが加齢
の証なのでしょうか。その節目節目に姿を変えず記憶を彩
っているアイテムのひとつがこのさくらです。
愛おしくさえなってきます。

DSC_0072.jpg

きれいに整備された駅につながる公園の中道の景色です。

DSC_0074.jpg

100年の無骨な大木に不釣り合いな程の繊細な花びらです。
そしていきなり太い幹を突き破っても咲きたいというこの
生命力には敬服です。


敷島の大和心を人問わば 朝日に匂う山桜花  本居宣長
これしか浮かびません!さくらの醸し出す気高さ、はかなさ
潔さに日本人は人生を投影して、ひと時この下で浮世の憂さ
を慰めてもらい、ケツを叩いてもらっているのでしょう。

                  小東 正洋

posted by セーフティー at 21:10| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。